道東周遊2009秋・その7  摩周湖と神の子池
旅行三日目の朝は晴れていました。
阿寒湖を去り、摩周湖に向かいました。

1.
f0181310_2037855.jpg
向かう道中で見つけた川です。
こういう絵になる景色が多いので、ちょっと走っては車を停め・・・の繰り返しです。



2.
f0181310_20372142.jpg
クリスマスツリーみたい!
もみの木でしょうか?
空がきれいですよね~。



そうして到着した摩周湖。
摩周湖は「霧の摩周湖」とも呼ばれ、霧が発生することが多いようですね。
私は高校時代の修学旅行で摩周湖に行きましたが、
そのときは霧で湖面が見えませんでした。



さて、今回は・・・・


3.
f0181310_20372896.jpg
雲が多いですが、ちゃんと見えますね。
朝は晴れていたのに、どんどん曇ってきてしまって・・・。
晴れていたら、「摩周ブルー」と呼ばれる、摩周湖の深い青色が見られたと思うのですが・・・。



4.
f0181310_20373468.jpg
もっと青い湖面を見たかったのでちょっと残念・・・。
またいつかリベンジしなくちゃ。



そして、摩周湖の後は神の子池へ。
神の子池は、先日ご紹介したオンネトー湖と同様、
今回の旅行で絶対に見たかった場所なのです。

とりあえず見てください!
5.
f0181310_2037403.jpg
PLフィルターを使って、反射を取り除きました。
この池の中に沈んでいる倒木を写したくて・・・。

「神の湖」と呼ばれる摩周湖の地下水によって出来たといわれているので、
「神の子池」と名づけられたそうです。

池の底に倒木が化石のように眠っています。
夏でも水温が非常に低いので、木が腐らないとのことですよ。
神秘的ですよね~!

[撮影日 2009年9月21日]

[使用レンズ]
EF24-105F4L IS USM
EF70-200F4L IS USM



↓よろしければ、ポチッとお願い致します。

にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村 写真ブログ 女性カメラマンへ
by shakasha19 | 2009-10-24 09:22 | 北海道
<< 大台ヶ原の紅葉1 道東周遊2009秋・その6  ... >>